スタジオマリオプリントサービス

カメラのキタムラ・写真プリントサービスサイト

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録
メニュー

公開:2021年09月29日

フィルムをスキャンする方法3選!スキャナー選びのポイントも合わせてご紹介

  • # デジタル化# ネガ# フィルム
フィルムをスキャンする方法3選!スキャナー選びのポイントも合わせてご紹介

フィルムをスキャンして、思い出の写真をデータ化したい。そういった人は多いのではないでしょうか。アプリやスキャナーを利用することで、高い解像度でフィルムをスキャンすることができます。今回は、スキャナー選びのポイントも合わせて、フィルムをスキャンする方法を3つご紹介します。

フィルムをスキャンする方法3選

フィルムをスキャンする方法は主に3つあります。コスト、画質、時間の評価とそれぞれどんな人におすすめかを合わせて紹介していくので、ぜひご覧ください。

フィルムスキャンアプリを利用する

コスト画質時間

スマホ一台ですぐにできるため、今回紹介する中で最も手軽な方法です。無料で利用できるアプリもあるので、コストを抑えられるのもうれしいポイント。しかし、画質は他の方法に比べてあまり良くありません。さらに、フィルムを1枚ずつスキャンする必要があるため、量が多いと時間がかかってしまうでしょう。

画質はあまり気にせず、スキャン枚数も多くないという人、とにかく手軽に安く済ませたいという人におすすめです。

デジタルカメラで複写(デュープ)する

コスト画質時間

デジカメでフィルムを直接撮影し、データ化する方法です。シャッターを切るだけなので撮影自体に時間はかかりませんが、データ化した写真を後でレタッチする必要があります。画質は、デジタルカメラの画質に準じるので、アプリに比べると高画質と言えるでしょう。複写する際は、デジカメの他に、マクロレンズ、スライドコピーアダプターもしくはフィルムデジタイズアダプターが必要。
既にデジタルカメラを持っていて、できるだけ時間をかけずに高画質でスキャンしたいという人におすすめです。

スキャナーでスキャンする

コスト画質時間

スキャナーとは、文字や写真、絵などの原稿をパソコンなどの端末内に取り込むことができる機器です写真を読み込み、その内容をデータ化してパソコンなどの端末内に取り込むことができる機器です。フィルムをセットするだけで、一度に大量の写真をスキャンできます。初期費用はかかってしまいますが、画質や手間を考えるとコストパフォーマンスが高い方法と言えるでしょう。

思い出の写真だからこそ、ベストな状態でデータに残したいという人や、今後もフィルムカメラを継続的に続けていく予定の人におすすめです。

フィルムスキャナーの種類

フィルムスキャナーには、フィルム専用スキャナー、フラットベッドスキャナー、シートフィードスキャナーの3種類があります。それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

フィルムスキャナーの種類

フィルム専用スキャナー

フィルムのみスキャン可能なベーシックタイプのスキャナーです。フィルムのスキャンのみに用途が限定されている分、手ごろな値段のものが多いです。解像度が高く、スキャンの効率も良いため、ほかのスキャン機能は必要ないという人におすすめ。速さや画質にこだわりつつも、できるだけ費用を抑えたい場合はフィルム専用スキャナーが良いでしょう。

フラットベッドスキャナー

フィルムだけでなく、現像済みの写真や書類もスキャンできるスキャナーです。フィルムを挟んで固定した形でスキャンできるので、読み取りの精度が高いという特徴があります。フィルム専用ではない分、商品によって解像度に幅があるため、フィルムスキャンで使用する際は高解像度のものを選ぶようにしましょう。

シートフィードスキャナー

フィルムや写真だけでなく、イラストや書類もスキャンできるスキャナーです。フィルムスキャン機能付きの商品は少ない傾向にありますが、一度フィルムをセットすれば自動で読み取ってくれるので効率的にスキャンを行うことができます。ただ解像度は比較的低めなので、画質よりも作業効率を重視し、大量のフィルムをスキャンしたい人におすすめです。

フィルムスキャナー選びのポイント

せっかくフィルムスキャナーを購入しても、用途が目的と合っていなければ本末転倒ですよね。ここでは、フィルムスキャナーを選ぶ際にチェックしたいポイントを3つご紹介します。※掲載情報は2021年9月時点

使用しているフィルムに対応しているか

フィルムにはさまざまな種類があり、一般的なフィルムカメラで使用されている35㎜フィルムはほとんどのスキャナーが対応しているため、フィルムスキャン対応のスキャナーであれば基本的に問題ありません。110フィルムや126フィルムなど、その他の種類のフィルムを使用している場合はスキャナー購入前に必ず確認しましょう。

フィルム以外もスキャン可能か

フィルムだけスキャンできれば良いという人は問題ありませんが、せっかくスキャナーを購入するなら写真や原稿も対応したスキャナーが良いという人も多いです。現像済みの写真をデータ化したい時は、フィルム専用スキャナーではスキャンできませんので注意しましょう。購入後にフィルムしかスキャンできなかったという事態を防ぐためにも、事前に確認することが大切です。

色補正やピント調整の機能がついているか

色補正やピント調整は、フィルムの状態や撮影状態によって生まれるキズやホコリ、ボケなどを自動で調節してくれる機能です。本来は1枚ずつ修正する必要がありますが、初心者にはかなり難しく、多少の専門知識を学ぶ必要があります。最初は自動で修正してくれるものが安心でしょう。

自分の目的に合ったフィルムスキャン方法を選びましょう

フィルムをスキャンする方法とスキャナーの選び方をご紹介しました。
フィルムのスキャン方法はいくつかありますが、フィルムカメラと長く付き合っていく予定であれば、フィルム本来の味わいや画質を活かせるフィルムスキャナーの使用がおすすめです。ご紹介した選び方のポイントを参考に、用途にあった一台をぜひ見つけてくださいね。

カメラのキタムラでは、大量のネガを一括でCD保存できる「フジカラーCD」やフィルムを高解像度に変換してDVDに書き込む「フォトDVDサービス」などのデジタルデータ化サービスも行っています。フィルムを手軽にスキャンしてもらいたいという方は、ぜひ一度こちらもご検討ください。

「フジカラーCD」の詳細はこちら

店舗を探す

「フォトDVD」の詳細はこちら

店舗を探す

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では商品情報や金額などが異なる可能性がございますのでご注意ください。

カメラのキタムラの関連するサービスはこちら

関連コラム

サービス実施店舗を探す

写真プリントサービス
かんたん写真プリント
こだわり写真プリント
ハーフサイズプリント
スマホ写真プリント
クリスタルプリント
ラスタープリント
動画保存プリント
ワンダーシャッフルプリント
デザインフレームプリント
デザインコラージュプリント
分割プリント
ポスタープリント
ストーリーフォト
フイルム現像・プリント
リバーサルフィルム現像
プリントからプリント
パネル加工サービス
証明写真
フォトブック
ポストカード
フジカラーポストカード
ごあいさつ状はがき印刷
写真入り印刷ポストカード
ポストカードお役立ち情報
年賀状
写真入り年賀状
イラスト年賀状
キャラクター年賀状
フジカラー年賀状
その他の商品
喪中はがき
寒中見舞いはがき
宛名サービス
宛名データ化サービス
宛名同時印刷
住所録変換サービス
宛名シール
年賀状注文スマホアプリ
年賀状お役立ち情報
データ保存サービス
スマホ動画保存サービス - フォトスタ -
スマホデータ転送サービス
紙・写真をCDにデータ保存
アルバムそのままDVD
アルバムそのままDVDライト
8mmフィルムのDVD保存
フジカラーイメージアーカイブディスク
ビデオテープからのダビング
フジカラーCD
フジカラーCDデジタル
フォトDVDサービス
遺影写真の作成
写真修復・加工サービス
データ復旧サービス
思い出レスキュー お役立ちコラム
フォトグッズ
COYOMI(卓上カレンダー)
COYOMI(壁かけカレンダー)
COYOMI(ポスターカレンダー)
COYOMI(ディズニーカレンダー)
ポスターカレンダー(A2・A1サイズ)
マグカップ
ウォールデコ
トートバッグ
クッション
缶バッジ
ボールスター
おなかのアルバム
お名前シール
無料ダウンロード
プリント直行便
直行便EX
フォトブック直行便
お知らせ
写真撮影・アルバム・フォトブックに関するお役立ちコラム
写真撮影術
アルバム・フォトブック
思い出レスキュー お役立ちコラム
特集
よくあるご質問
ネット会員
ネット会員登録
ネット会員変更
ネット会員削除
パスワードをお忘れの方
店舗検索
特定商取引に基づく表示
ネット会員利用規約
プリントサービス利用規約
ラクラク年賀状1,000円引きクーポン
ラクラク年賀状1,000円引きクーポン