スタジオマリオプリントサービス

カメラのキタムラ・写真プリントサービスサイト

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録
メニュー

2020年07月31日

写真はなぜ色褪せる?色褪せてしまった写真を復元させる方法は?

  • # DVD# CD# デジタル化# 写真# ネガ# 復旧・修理# 写真修復・補正
アルバムはまるごとデータ化がおすすめ

写真はその時その時の思い出を切り取った大切な品です。できるだけその当時のままの状態で残しておきたいと、誰もが望むことでしょう。しかし保存状態やプリント方法により、無常にも月日とともに色褪せてしまう写真はあるものです。

そこで、写真はなぜ色褪せるのか、また、できるだけ色褪せないように保管する方法や写真の復元・修復についてご紹介します。

写真が色褪せる原因とは・・・?写真は意外とデリケート

紫外線による色褪せ

「紫外線の影響」といわれると、人間の肌に対するものを思い浮かべる人が多いかもしれません。例えば、シミやシワ、日焼けによる炎症、皮膚がんなどが挙げられます。

ところが、紫外線は人間の肌以外の様々なものにも影響を与えています。例えば、街で見かける看板やポスターが色褪せているのを見たことはないでしょうか。これは、外気だけではなく紫外線を浴びたことにより起こる褪色(たいしょく)です。

この現象は、ポスターなどに使われるインクの分子を切断し破壊することで起こります。特に、黄色や赤などのように原子結合が弱い色の方が色褪せしやすいのです。これは、写真や絵などにも起こりえます。

「家の中にある写真なら紫外線は浴びないのでは」と考える人もいるでしょう。ところが、紫外線はガラス窓を通過して部屋に入ってきますし、蛍光灯や一部のLED、テレビからも紫外線が発生しているのです。そのため、フォトフレームや額縁に入れて飾っている写真、アルバムの種類や保管場所によっては紫外線の影響を受けるものがでてきてしまいます。

写真のトラブルは解決できる時代です

高温多湿な環境による色褪せ

日本は、諸外国に比べて高温多湿といわれます。そのような環境は、写真の保存場所として望ましいものといえないでしょう。皆さんのご自宅にも、あまり開かないアルバムや写真などは押し入れや庭の倉庫、屋根裏部屋、缶の中などに大事にしまっているということはないでしょうか。

一見、「紫外線も浴びないし色褪せの心配もない」ようにみえますが、実は写真の保管場所としては好ましくない環境となっています。なぜなら上記のような場所は“高温多湿”になりやすく、色褪せ以外の影響も受けやすいからです。

冷静に考えてみると、押し入れに湿気がたまりやすいのも、缶の中は通気性が悪いことも想像がつきますよね。その上、梅雨や夏の高温が加わることで写真の劣化は進みます。高温多湿の状況下で起こる写真の変化は、表面のべたつき、はがれ、カビの発生などにも繋がります。

箱に入れたままの写真は通気性や湿気の影響を受けてしまいます

排気ガスによる色褪せ

写真は、紫外線を浴びないよう高温多湿を避けて保管しているつもりでも、完全な真空状態にならない限り、空気に触れるだけで劣化します。大気中には、排気ガスをはじめ様々なガスや埃、湿度などが含まれており、それらも写真を劣化させる原因と考えられているのです。

最近では、空気中の様々なガスが原因で色褪せが起こることが判明してきているため、写真印刷に使うインクなどに対し、耐熱性、耐水性、耐光性とともに、耐ガス性の試験を行っているメーカーが増えています。
【参考】JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会) https://www.jeita.or.jp

耐ガス性の試験項目は、窒素酸化物(一酸化窒素、二酸化窒素)、硫黄酸化物(二酸化硫黄)、オゾンとなります。このうち排気ガスに含まれるのは、窒素化合物です。
メーカーが排気ガスに含まれる化合物に耐性があるインクを研究・開発するほど、排気ガスは写真の色褪せに影響を及ぼしているということでしょう。

紫外線や排気ガスの影響

オゾンによる色褪せ

オゾンといえば、一般的に「オゾン層」を思い浮かべる人が多いかもしれません。オゾン層は太陽からの有害な紫外線を防いでくれる存在として知られています。そのオゾンがなぜ、写真と関係があるのでしょう?

オゾンとは大気中にとても低い濃度で存在している気体の一つで、強力な酸化作用があります。先述したように成層圏のオゾン層は紫外線を防いでくれますが、地表に存在しているオゾンは大気汚染の原因ともなりえます。日本でも1970年代から発生が確認された”光化学スモッグ”の大気にも含まれていました。

インクなどの耐ガス試験の中に「オゾン」の項目があるように、オゾンは写真の色褪せにも影響を及ぼします。日常の大気中にも微量のオゾンが存在しているのです。

一方でオゾンは様々な利用法があり、身近なものとしてオゾン発生器が挙げられます。この機器は、空気や水の浄化、脱臭、殺菌、脱色をすることができるオゾンの酸化力を用いたもので、様々な分野で活用されています。身近に設置しているオゾン発生器が知らずに色褪せの原因となっていることがありえるのです。オゾンは高濃度になると色褪せだけでなく人体にも悪影響があるといわれていますので、気を付けましょう。

写真の色褪せ防止対策は?

湿気に気を付けて紫外線のあたらない暗い場所で保管する

少しでも劣化を防ぐためには保管場所に気を配る必要があります。まずは湿気のあるところ、直射日光や紫外線があたる場所を避け、風通しのよい暗い場所を選びましょう。
また、アルバムや写真を保管している容器があるなら、その中に除湿剤や乾燥剤を一緒に入れておくことをおすすめします。

飾る場合はUVフィルムを活用してみる

思い入れのある大切な写真は、フォトフレームや額縁に写真を入れて、いつまでも色褪せないまま飾っておきたいものです。しかし、そのまま飾っていると蛍光灯や窓から入ってくる紫外線を浴びることになります。

そこで、表面に貼ると紫外線をカットできるUVフィルムの活用をおすすめします。
UVカットフィルムには色付きのものもありますが、色がついていると写真が見えづらくなりますので、透明シートを選ぶとよいでしょう。

ネガがある場合はデータ化しておく

現像やプリントした写真 だけでなく、ネガフィルムも時間が経過すると劣化していくことをご存知でしょうか。ネガも保存状態が悪いとカビが生えたり、変色したりしてしまうので、残しておきたいネガは早めにデータ化しておくことをおすすめします。
ネガのデータ化の方法は大きく分けて、専用機器を購入して自分で対処する方法と専門の業者に依頼する方法の2通りあります。

しかし、ネガの劣化がひどい場合や、ネガの量が少量あるいは大量に抱えている場合、値段の幅が広い専用機器のどれを選べば失敗しないかという判断は難しいかもしれませんね。選ばれる際は、ピント合わせや色補正などを自動で処理してくれるものが便利です。ネガの量が多いと自分で1枚ずつ書類するのは大変な作業になるからです。

もし、機器のコストやネガの量・仕上がりに不安がある場合は、専門の業者に依頼することもできます。十分検討して後悔しない方を選びましょう。

ネガフィルムをCDに

色褪せても大丈夫!写真修復で色鮮やかな写真に生まれ変わる

写真修復では色褪せ以外に白黒をカラーにすることも可能

写真修復というと、セピア色になった写真を元の白黒写真に戻したり、色褪せたカラー写真を色鮮やかにしたり、破損した部分を修復したり、という処理を想像しませんか。

ところが今は、元々白黒写真だったものをカラー写真のように鮮やかにすることもできるのです。記憶の中でしか残っていなかった思い出の人や風景などが、実際に色のついた画像としてくっきりとよみがえるのは素敵なことです。考えただけでワクワクしたり、心が温かくなったりするでしょう。
祖父母様の白黒写真をカラー化して差し上げたら、とても喜ばれるのではないでしょうか。

写真が色褪せても諦めずに対処しよう

カメラのキタムラで写真トラブルも相談可

カメラのキタムラでは色褪せだけではなく、明るさ調整や色調調整、不要な部分を切り取るトリミング、不要なものの消去、画像合成などなど、写真のトラブルを修復・補正するサービスを行っています。プリントした写真や画像データ(メディアカード、CD-R、DVD-Rのいずれかに保存)を店舗へ持参すればOK!

【参考】カメラのキタムラ 修復・補正サービスの対応メニュー 1件1,000円(税込1,100円)より
  • 明るさの調整/赤目補正/日付入れ/トリミング/傾き補正/色調調整/カラー to 白黒/不要物消去/画像合成、など

写真のトラブルおまかせ「写真修復・補正サービス」サービス

カメラのキタムラでは色褪せ写真も修復します

写真修復で思い出も心も再び温まる

アルバムを久しぶりに開いたときに写真が色褪せていたりすれば、「仕方ない、写真は劣化するものだし・・・」とアルバムをそっと閉じ、再び元の場所にしまいこんでしまう人もいるかもしれません。しかし、その色褪せた写真をよみがえらせてくれる業者はたくさんあります。

記憶は遠くなっても、写真が当時のままに復活することで、思い出がより鮮明によみがえり身近に感じられるものです。例えばご家族の古い写真を復元して、それをきっかけに話に花を咲かせたり、サプライズで贈ったり、スマホで共有したり・・・。もともとプリント写真を残しておく大きな理由のひとつ「思い出を残し見返して楽しむ」ことを色褪せだけで諦めることはありません!
写真復元サービスを活用して、温かい思い出を再びよみがえらせてみませんか。

祖父母の昔の写真を復元して贈るのも素敵ですね

カメラのキタムラの関連するサービスはこちら

関連コラム

サービス実施店舗を探す

プリントサービストップ > 写真・ビデオのダビング・デジタル化保存サービス > 思い出レスキュー お役立ちコラム
写真プリントサービス
かんたん写真プリント
こだわり写真プリント
スマホ写真プリント
クリスタルプリント
ラスタープリント
動画保存プリント
ワンダーシャッフルプリント
デザインフレームプリント
デザインコラージュプリント
分割プリント
ストーリーフォト
フイルム現像・プリント
リバーサル現像
プリントからプリント
パネル加工サービス
証明写真
フォトブック
ポストカード
フジカラーポストカード
ごあいさつ状はがき印刷
写真入り印刷ポストカード
ポストカードお役立ち情報
年賀状
写真入り年賀状
イラスト年賀状
キャラクター年賀状
フジカラー年賀状
その他の商品
喪中はがき
寒中見舞いはがき
宛名サービス
宛名データ化サービス
宛名同時印刷
住所録変換サービス
宛名シール
年賀状注文スマホアプリ
年賀状お役立ち情報
データ保存サービス
スマホ動画保存サービス - フォトスタ -
スマホデータ転送サービス
紙・写真をCDにデータ保存
アルバムそのままDVD
8mmフィルムのDVD保存
フジカラーイメージアーカイブディスク
ビデオテープからのダビング
カメラ本体からのダビング
フジカラーCD
フジカラーCDデジタル
フォトDVDサービス
写真修復サービス
写真の加工
思い出レスキュー お役立ちコラム
フォトグッズ
COYOMI(卓上カレンダー)
COYOMI(壁かけカレンダー)
COYOMI(ポスターカレンダー)
COYOMI(ディズニーカレンダー)
MYフォトカレンダー
ポスターカレンダー(A2・A1サイズ)
マグカップ
ウォールデコ
トートバッグ
クッション
ポスタープリント
缶バッジ
ボールスター
おなかのアルバム
お名前シール
無料ダウンロード
プリント直行便
直行便EX
フォトブック直行便
お知らせ
ピックアップ商品・サービス
おすすめ特集
よくあるご質問
ネット会員
ネット会員登録
ネット会員変更
ネット会員削除
パスワードをお忘れの方
店舗検索
特定商取引に基づく表示
ネット会員利用規約
プリントサービス利用規約