スタジオマリオプリントサービス

カメラのキタムラ・写真プリントサービスサイト

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録
メニュー

2020年07月20日

ファイナライズとは?ファイナライズ処理をする理由・処理が必要なDVDを解説

  • # DVD# CD# Blu-ray(ブルーレイ)# ダビング# 8mm
ファイナライズ処理をする理由

「ダビングしたDVDが再生できない…」ということはありませんか?
これにはいくつかの原因が考えられますが、ファイナライズ処理をしていないことが原因かもしれません。
そもそも、ファナライズとはいったいどのようなものなのでしょうか?そこでこちらの記事では、ファイナライズの意味やなぜ行う必要があるのか、具体的なやり方などを解説していきたいと思います。

ダビングしたDVDが再生できない!ファイナライズとは?

そもそもファイナライズとは?

ファイナライズとはダビングやコピーをしたDVD(録画可能なDVD)を、その作業をした機器以外でも再生可能にする(読み取り専用メディア)処理のことを指します。
レコーダーの多くが、ダビング処理とファイナライズ処理を別々で行っています。そのため、ファイナライズしたい場合は、まずはダビング処理を行い、後から自分でファナライズ処理をしなければなりません。

ファイナライズをしないとどうなるの?

ファナライズ処理しなくても、ダビングなどを行ったレコーダーであれば再生することができます。ただし、ダビングなどを行った機械以外での再生ができません。ファイナライズしていないDVDは追加で録画できる状態になっているので、情報が確定していない状態と言えます。多くのDVDプレイヤーは、DVDの情報が未確定だとデータを読み取ることができません。

ファイナライズが必要なDVDとは?

ファイナライズ処理はすべてのDVDで必要なわけではありません。ファイナライズが必要なメディアとしては、以下のようにまとめることができます。

DVDの種類ファイナライズDVDの特徴
DVD-R/DVD+R必要
  • 一度だけ録画や記録を行うことが可能
  • ファイナライズ処理をすると書き込みができなくなる
DVD-RW/DVD+RW必要
  • ファイナライズしても解除すれば何度でも書き込みできる
BD-R/BD-RE
(ブルーレイディスク)
不要
  • ファイナライズの必要なし

DVD-R/DVD+Rは書き込みが一度しか行えないので、一度ファイナライズするとその時点で追記もできなくなります。

一方で、DVD-R/DVD+Rの場合はファイナライズが必要ですが、基本的に自動でファイナライズしてくれるレコーダーが多いので、ダビングなどが完了した時点で使用可能です。また、ファイナライズの解除ができ、何度でも繰り返し書き換えられます。

ブルーレイにもファイナライズは必要?

ブルーレイでは、どのメディアでもそもそもファイナライズという考え方は存在しません。
ファイナライズに似たような機能として、追記・削除できないようにする「クローズ」や、誤ってデータを消さないようにする「プロテクト」処理を行うことができます。
操作方法等は説明書やメーカーHPで確認しましょう。

ファイナライズ処理の方法

ダビングを行ったDVDレコーダーでファイナライズ処理ができます。具体的なファイナライズ処理の方法は、メーカーのレコーダーによって異なるので、説明書やHPで確認することをおすすめします。レコーダーによっては自動でファイナライズ処理をしてくれるものもあるので、これを機に買い替えを検討するのも良いでしょう。

ファイナライズ処理がされたか確認するには?

ファイナライズ処理しても、メディアの見た目で見分けることはできません。実際にファイナライズ処理されたDVDかどうかは、次の2つの方法で確認ができます。

他のDVDレコーダーで再生する

前述したようにファイナライズをしていないと、ダビングで使用したDVDレコーダー以外のレコーダーでは、再生できない場合が多いです。そのため、他のDVDレコーダーを持っている場合は、再生してみてファイナライズができているかをチェックすることが可能です。

DVDレコーダー

パソコンで再生してみる

パソコンで再生し、以下の項目を確認することで、ファイナライズできているかどうかをチェックできます。

  • ディスク名が文字化けしていないか
  • DVDの容量が0バイトになっているか
  • Video-TS/Videoモード/Videoフォーマットで焼かれているか

こちらをクリアできていれば、ファイナライズできている可能性が高いと言えます。

ノートPC

ダビングしたDVDをファイナライズする場合の注意点

ダビングしたDVDをファイナライズする際に処理を誤ると、メディアを使用できなくなる可能性もあるので注意が必要です。
主な注意点としては、次のような項目が該当します。

ファイナライズするとDVDに追加で録画できない場合がある

DVD-R、DVD+Rはファイナライズすると書き込みができない仕様になります。もし繰り返し書き込みをしたい場合は、ファイナライズが解除できて、書き換え可能なDVD+RWなど専用のディスクを使用しましょう。

ファイナライズ処理ができないときは?

ファイナライズ処理ができないときはメディア自体に不具合が生じている可能性があります。代表的な不具合としては、ディスクの記録面の汚れや湾曲などが該当します。汚れている場合は、乾いた布でやさしく拭き取ってください。また、メディア側ではなく機器のレンズが汚れている場合もあるので、清掃してみましょう。

ダビングやファイナライズが面倒な方は業者に依頼するのもおすすめ!

ファイナライズについて解説してきましたが、必要器機を用意したり、慣れない操作を行ったりなど手間や時間がかかります。手間をかけずに、複数枚にダビング・ファイナライズしたい!という方はダビングサービスの利用がおすすめです!

カメラのキタムラでも、以下のようなダビングサービスを行っています。

  • DVDやSDカード、ビデオカメラからDVD/ブルーレイへダビング
  • ビデオテープ(VHS)をDVDへダビング
  • 8ミリビデオの映像をDVDへダビング

カメラのキタムラで注文できるサービスを1つずつご紹介していきます!

DVDやSDカード、ビデオカメラからDVD/ブルーレイへダビング

DVDやSDカード内の映像、ビデオカメラで撮影した映像を、DVDやブルーレイへダビングできます。
ビデオカメラの映像をダビングする際には、カメラ本体か、DVD(R、RAM)・SDカード・メモリースティック等のメディアデータを店舗へお持ちいただきます。またダビングするディスクは、DVDかブルーレイかを選べるので画質にもこだわったダビングが可能です!

ビデオカメラのデータは、内蔵メモリに残しておくだけでは紛失や故障で映像を見られなくなってしまうこともあるので、ダビングして保存しておくのがおすすめです。
ハイビジョン撮影データも、ブルーレイディスクにならハイビジョン画像をそのままダビングも可能です*。
* ブルーレイディスクへのダビングは、HDD内蔵ビデオカメラかメモリーカードからのみ
* 8/12cm DVD-R(RW)の場合、ファイナライズされていないディスクはダビングできません

カメラのキタムラの価格

録画時間が60分の場合、DVDは1,500円(税込1,650円)~、ブルーレイは3,800円(税込4,180円)~です。仕上がりまで約3週間頂いております。

ご注意版権・著作権のある映像、公序良俗に反するような映像は受付できません。

ビデオカメラ・メディアからダビング

ビデオテープ(VHS)をDVDへダビング

ビデオテープ(VHS)をDVDにダビングできるサービスです。店頭受付と宅配受付があり、料金と仕上り日数はそれぞれ異なりますが、忙しい方や近隣店舗がない方にはネット注文も好評です。
ビデオテープ(VHS)だけでなく、miniDVやβなど6種類のテープのダビングにも対応。薄くて保管しやすいDVDにダビングすれば、大切な思い出をいつでも楽しむことができますね。

価格

店頭受付の場合、ビデオテープ(VHS)1本につき1,500円(税込1,650円)~。テープ修復サービス(カビ取りやテープ切れ)込みでも同じ価格です。ネット注文の場合は、宅配料金がプラスされた料金になります。

キタムラでVHSをdvd化できます

8ミリフィルムの映像をDVDへダビング

8ミリフィルムからのDVDでは、業務用映写機から投影された映像を、放送局仕様の映像変換装置にてダイレクト録画できます。元のフィルムを限りなく劣化させないで製作できるので、よりダビングレベルが高いのが魅力的です。
複数のリールを1つにつなぐなど、別途技術料がかかりますが録画可能時間までなら何本でもフィルムをつないでまとめることが可能です。
費用は10分 4,000円(税込4,400円)です。

ご自身の若いころの映像をDVDにまとめて保存したい、映写機がなくて再生できないなどの場合、ぜひダビングサービスを利用して、8ミリフィルムに撮られた思い出をもう一度ご家族でお楽しみください!

8mmフィルムのDVD保存

ダビングしたDVDが再生できない場合はファイナライズ処理が完了しているか確認しよう!

ダビングしたDVDが再生できない原因として、ファイナライズをしていない可能性が挙げられます。ダビングしたDVDを他のレコーダーで再生するには、ファイナライズ処理が必要です。

ただし、DVDの種類によってはファイナライズ処理すると以後録画できなくなってしまうものもあるので注意しましょう。繰り返し録画をしたい、またはファイナライズ処理をしたくない方はDVD+RWやブルーレイを使用するようにしましょう。

ダビングやその後のファイナライズが面倒!時間をかけたくない、という方はダビングサービスの利用がおすすめです。カメラのキタムラではDVDやSDカード、VHS、8mmカメラの映像のダビングサービスを行っています。

カメラのキタムラ「思い出レスキュー」サービスメニューを見る

カメラのキタムラの関連するサービスはこちら

関連コラム

サービス実施店舗を探す

プリントサービストップ > 写真・ビデオのダビング・デジタル化保存サービス > コラム
写真プリントサービス
かんたん写真プリント
こだわり写真プリント
スマホ写真プリント
クリスタルプリント
ラスタープリント
動画保存プリント
ワンダーシャッフルプリント
デザインフレームプリント
デザインコラージュプリント
分割プリント
ストーリーフォト
フイルム現像・プリント
リバーサル現像
プリントからプリント
パネル加工サービス
証明写真
フォトブック
ポストカード
フジカラーポストカード
ごあいさつ状はがき印刷
写真入り印刷ポストカード
ポストカードお役立ち情報
年賀状
写真入り年賀状
クラフト
デザイナーズ
フジカラー
クリエーターズ
キャラクターズ
スタンダード
コダック
自分で作る
イラスト年賀状
クラフト
デザイナーズ
キャラクター
企画
和風
筆文字
カジュアル
ライフイベント
シンプル
墨一色
ビジネス
その他の商品
喪中はがき
寒中見舞いはがき
ビジネス年賀状
キャラクター年賀状
ディズニー年賀状
ポケモン年賀状
ドラえもん年賀状
宛名サービス
宛名データ化サービス
宛名同時印刷
年賀状注文スマホアプリ
年賀状お役立ち情報
データ保存サービス
スマホ動画保存サービス - フォトスタ -
スマホデータ転送サービス
紙・写真をCDにデータ保存
アルバムそのままDVD
8mmフィルムのDVD保存
フジカラーイメージアーカイブディスク
ビデオテープからのダビング
カメラ本体からのダビング
フジカラーCD
フジカラーCDデジタル
フォトDVDサービス
写真修復サービス
写真の加工
フォトグッズ
COYOMI(卓上カレンダー)
COYOMI(壁かけカレンダー)
COYOMI(ポスターカレンダー)
COYOMI(ディズニーカレンダー)
MYフォトカレンダー
ポスターカレンダー(A2・A1サイズ)
マグカップ
ウォールデコ
トートバッグ
クッション
ポスタープリント
缶バッジ
ボールスター
おなかのアルバム
お名前シール
無料ダウンロード
プリント直行便
直行便EX
フォトブック直行便
お知らせ
ピックアップ商品・サービス
おすすめ特集
よくあるご質問
ネット会員
ネット会員登録
ネット会員変更
ネット会員削除
パスワードをお忘れの方
店舗検索
特定商取引に基づく表示
ネット会員利用規約
プリントサービス利用規約